洋画

映画【パラサイト 半地下の家族】のあらすじネタバレと結末ラストも公開!疑問点の考察も

映画【パラサイト 半地下の家族】のあらすじネタバレと結末ラストも公開!疑問点の考察もしていきます!

日本では2020年1月10日に公開された映画「パラサイト 半地下の家族」についてご紹介します。

パラサイト 半地下の家族は、カンヌ国際映画祭で最高賞を獲得した映画です。
監督は、殺人の追憶、グエムル-漢江の怪物-などを手がけたポン・ジュノ

ネタバレを含み、あらすじや疑問点などを考察していきます。

パラサイト 半地下の家族の作品情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

⚡️『パラサイト 半地下の家族 』 新ビジュアル&90秒予告解禁⚡️ 🏆カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞🏆 アカデミー賞®︎最有力、ポン・ジュノ監督最新作🎬 新ビジュアル&90秒予告が完成🤩👏👏 「ひとつの家族」のように収められた「貧乏家族」と「裕福家族」…背景に配された数々のアイテム… 一体、物語ではどのように登場し、交差していくのか⁉️ 予告では、観る者の度肝を抜く🙄100%予測不能な物語の一端が🌀⚡️ 1月10日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! parasite-mv.jp #パラサイト半地下の家族 #パラサイト激ヤバ #ポンジュノ #bongjoonho #ソンガンホ #カンヌ国際映画祭 #パルムドール

映画会社ビターズ・エンド(@bitters_end)がシェアした投稿 – 2019年11月月19日午後6時29分PST

公開日 2020/1/20
キャスト 監督:ポンジュノ

出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン

配給 ビターズ・エンド
製作国 韓国
年齢制限 PG-12
上映時間 132分

パラサイト 半地下の家族の主要キャスト

貧乏な主人公、キム家の4人を紹介しましょう。

キム・ギテク(演:ソン・ガンホ)

ソン・ガンホ
全員無職の貧しい4人家族、その大黒柱。
何度も事業に失敗して、将来の展望もなく、無職であるのに楽天的です。
ポン・ジュノ作品への出演は4作目となっています。

キム・チュンスク(演:チャン・へジン)

チャン・ヘジン
元ハンマー投げ選手にして、ギタリスト。ギテクの妻。
稼ぎのない夫に対し、強くあたります。

キム・ギウ(演:チェ・ウシク)

チェ・ウシク
何度も大学受験に失敗し続けている、キム家の長男。

キム・ギジョン(演:パク・ソダム)

パク・ソダム
貧乏ゆえに予備校には通えていないものの、スキルはそこそこにある美大志望のキム家の長女。

続いて、キム家がパラサイトする富豪一家のパク家を紹介しましょう。

パク・ドンイク(演:イ・ソンギュン)

イ・ソンギュン
IT企業の社長。
キム一家にパラサイトされるパク家の大黒柱。

 

パク・ヨンギョ(演:チョ・ヨジョン)

チョ・ヨジョン
パク社長の妻。
純粋を絵に描いたような、若くて美人な妻。

 

ムングァン(演:イ・ジョンウン)

イ・ジョンウン
パク家の家政婦。
パク家から信頼されている、敏腕家政婦です。

画像引用元:http://www.parasite-mv.jp/cast.html

パラサイト 半地下の家族のあらすじ・ネタバレ

半地下に住むキム一家

半地下

引用元:http://www.parasite-mv.jp/

半地下

引用元:http://www.parasite-mv.jp/

貧しいキム一家は、内職で細々とどうにか暮らしています。
キム一家4人が住んでいるのは、「半地下住宅」です。

日当たりが悪くただでさえ換気がしにくいのに、窓を開けると路上にまかれる消毒剤が入ってきます。
湿気が多く、水圧が低いために、家の中でも特に高い位置にはトイレが祭壇のように座しています…

環境の悪い家の中、一家は普通の暮らしがしたいと望んでいます。

貧乏からの脱出、キム一家の転機

息子ギウはある日、大学生の友人の留学中、家庭教師の仕事を代わりにやってくれと頼まれます。
ギウが向かうことになる家は、IT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす、高台にある大豪邸でした。

パク一家の信用を得たギウは、妹を子守役に、父を運転手にと、次々に家族を送り込んでいくのです。

こうして、貧乏一家のキム一家は、富豪一家のパク一家に「パラサイト」していくのでした。

キーワードは「香り」

物語で印象的に登場するのは、とある香りです。

それは、桃の香りと、切り干し大根のような臭い、です。
果たして、それは何から漂う臭いなのでしょうか?

それが、衝撃の結末へつながる重要なキーワードとなるのです!

 

桃といえば、家政婦のムングァンが桃アレルギーらしいですが、それとも関係しているのでしょうか?

 

パラサイト 半地下の家族がR指定なのはなぜ?

「パラサイト 半地下の家族」は、R-12指定の映画です。
R-12指定になったのは、映画で描かれるのがブラックユーモアであり、アダルトな意味合いを含む表現があるためではないかと思われます。

そして、衝撃のラストへ向けての暴力描写・グロテスクな表現があることがその理由なのでしょう。

パラサイト 半地下の家族の疑問点を考察

疑問点1:半地下って何?

表題にもなっている「半地下」とは、なんなのでしょうか?

日本人にはあまり馴染みがありませんが、韓国には半地下の家、半地下の部屋というものは、割とメジャーなようです。

条件が悪いのですが、家賃が安いのが特徴で、韓国では貧困の象徴として描かれることも多いようです。

疑問点2:貧富の差を如実に描きながら、エンターテイメント性があるのはなぜ?

韓国映画は、社会批判をしながらもそれをエンターテイメントとして描く能力に秀でているようです。
ことにポン・ジュノ監督は、一貫して格差社会・貧富の差を描く作品を世に生み出し続けているのです。

「パラサイト 半地下の家族」は、韓国という国の、超がつくほどの競争社会であることや、大学受験でその後の人生が決定しまうという残酷さというような、国の特徴をブラックユーモアを交えて描かれています。

それだけでなく、そういった社会的な背景を基盤とするこで、物語により一層の深みを持たせていること、それが国内外にこの映画がヒットした理由なのではないでしょうか。

疑問点3:誰が誰にパラサイト(寄生)している?

タイトルの通り、この映画は誰かが誰かに「パラサイト(寄生)する」様を描いています。
物語の流れを見るに、それはキム一家がパク一家にパラサイトしている、と見ることができると思います。

しかし、彼らは労働の対価をもらっているだけで、パラサイトしているとは言えないのでは?

本当の意味の寄生虫とは、いったい…?

それは、衝撃の展開、そして結末につながるキーワードなのでしょう。

パラサイト 半地下の家族、結末・ラスト

「パラサイト 半地下の家族」の結末は、監督のポン・ジュノ氏によってネタバレ厳禁!と念を押されており、残念ながら明言することはできません…

映画紹介にもあるように、途中までは笑ってしまう表現、要素が散りばめられているようですが、あるシーンから様相が変わってくるようで…

ホラーでもあり、サスペンスでもあるような展開…そして衝撃の結末!

それを楽しみに、映画館へ足を運んでいただきたいと思います!

半地下

引用元:http://www.parasite-mv.jp/

この画像は…まさか…?

パラサイト 半地下の家族、感想・評価・レビュー

「パラサイト 半地下の家族」は、現在公開中です。

今回は、試写会や飛行機内や海外で一足先に視聴した人たちの感想・評価を引用しつつまとめていくことにします。

映画史に残る!見て損はない!などの評価が多くあがっていますね。

韓国の格差社会が痛烈に描かれ、ユーモアを交えて笑いながら見られたという声も。

そして、やはり注目されるのは衝撃の展開、結末ですね。

何を言ってもネタバレ!
とにかくヤバイ!ということらしいです…

パラサイト 半地下の家族 まとめ

社会風刺をブラックユーモアを交えて描き、物語に落とし込むことに定評のあるポン・ジュノ監督による映画「パラサイト 半地下の家族」をご紹介しました。

衝撃の展開・結末についてはネタバレ厳禁とのことですので、それを楽しみに、映画を見に行きましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です