邦画

映画 ラストレター ネタバレ評価!ラブレターのアンサー作品のキーマンは豊川悦司?庵野秀明?

映画「ラストレター」が、2020年1月17日に公開されます。

映画「ラストレター」は、1995年公開の映画「ラブレター」のアンサー作品であると、岩井俊二監督が明言しています。

庵野秀明さんが俳優として起用されています。

そして、映画「ラブレター」の豊川悦司さんも…

この二人はどんなキャラクターなのか、キーマンなのでしょうか!?

ネタバレ・評価など、作品の紹介をしていきます。

本文中にネタバレが含まれますので、何も知らない状態で映画を見たい方はご注意ください!

映画「ラストレター」 作品情報

作品情報を簡単にまとめました♪

公開日 2020年1月17日
キャスト 松たか子、広瀬すず、福山雅治、庵野秀明、神木隆之介、森七菜、豊川悦司、中山美穂
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
原作 岩井俊二
音楽 小林武史
配給 東宝
上映時間 120分
前売り券特典 なし

岩井俊二監督がミスチルやback numberのプロデューサーとしてもお馴染みの小林武史を音楽制作に迎えて岩井俊二らしい作品を作り上げました。

見終わったら誰かに手紙を書きたくなってしまうかも。

仙台の風景もこの映画にぴったりだし、青春の日々を映す画面が透き通るようにみずみずしく、青春時代が懐かしくなって激エモです。

後半はちょっとショッキングで打ちのめされるかも…

映画「ラストレター」 キャスト出演者

映画「ラストレター」は、現在と高校時代の二つの時間軸が描かれます。
親子を二役で演じている役者さんもいるので、予習しておきましょう!

松たか子(演:岸辺野裕里)

遠野未咲の妹。
夫の宗二郎、娘の颯香、息子の瑛斗と暮らす主婦。

広瀬すず(演:遠野鮎美、遠野未咲)

遠野未咲の娘。
未咲が亡くなり、祖父母と暮らしている。

遠野未咲は裕里の姉。
学内ではヒロイン的な存在だった。

庵野秀明(演:岸辺野宗二郎)

裕里の夫。
漫画家。
同窓会から、裕里と鏡史郎の浮気を疑っている。

森七菜(演:岸辺野颯香、遠野裕里(回想)

裕里の娘。
夏休みの間、鮎美と共に祖父母の家で過ごす。

学生時代の裕里は、乙坂鏡史郎に密かに想いを寄せていた。

福山雅治(演:乙坂鏡史郎)

小説家。
デビュー作以降は、何も書けずにいる。

神木隆之介(演:乙坂鏡史郎(回想)

裕里・未咲の通う高校に転校してきた。
未咲に一目惚れしてしまう。

豊川悦司(演:阿藤陽市)

未咲の元恋人。

中山美穂(演:サカエ)

阿藤陽市の同居人。

鈴木慶一、木内みどり(演:遠野幸吉、純子)

裕里の両親。
鮎美・颯香の祖父母。

水越けいこ(演:岸辺野昭子)

宗二郎の母。

小室等(演:波戸場正三)

昭子の高校時代の恩師。

 

降谷凪、矢部太郎ほか

映画「ラストレター」 予告動画

予告を見ただけで、胸が苦しくなるようなストーリーだということが伝わってきますね…

映画「ラストレター」 あらすじ・ネタバレ

公式サイトのあらすじはこちらです!

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。

勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。
ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――

引用元:https://last-letter-movie.jp/sp/

 

同窓会で起きたこと

https://www.instagram.com/p/B5Rgdrhn3FW/?utm_source=ig_web_copy_link
裕里は、未咲宛てに届いた同窓会の知らせを見つけて、未咲の死を伝えるために同窓会へ向かいます。

しかし裕里は、姉の未咲に間違われてしまいます。
姉の未咲と勘違いされたまま、スピーチまでする羽目に…

結局、裕里は、未咲が亡くなったことを伝えることができませんでした。

裕里は、同窓会で鏡史郎と再会します。
未咲として、です。
裕里はそれをどう思っていたのか、想像できてしまいますね…ツラい…

裕里の夫(庵野秀明さん)が、鏡史郎とメールでやり取りをしているのを知り、怒ってスマホを壊してしまいます。

それでも裕里は手紙で鏡史郎とのやり取りを続けるのでした。

鏡史郎の思惑

https://www.instagram.com/p/B5bxRWnnHQ_/?utm_source=ig_web_copy_link
鏡史郎は、裕里が未咲のフリをしていることに最初から気づいていました。

気づいたうえで、文通をしていたのです。

なぜ裕里が未咲のフリをしているのか、未咲が亡くなっていることを知らない鏡史郎は興味をいだいたのです。

大学時代に、鏡史郎は未咲と付き合っていましたが、未咲は別の男に奪われ、会えなくなっていました。

その男こそ、豊川悦司さん演じる阿藤陽市でした。

未咲は阿藤と結婚し、子供をもうけた後に亡くなっていたのでした。

映画「ラストレター」 前売り券ムビチケ購入方法

映画「ラストレター」は、東宝シネマズの公式サイトから前売り券、ムビチケが購入できます!

「前売券発売」と記載がある劇場でのみ、前売り券(ムビチケ)が買えるようなので、注意してくださいね!

https://twitter.com/lastletter0117/status/1198047697892044801

Loppiで購入すると、前売り特典も付くようですよ!

映画「ラストレター」 前売り特典はこれ!

映画「ラストレター」の前売り特典は、Loppi限定で付いてくるようです!

Loppi限定で、イラストレターセット(引換券)付きムビチケコンビニ券が買えますよ!

https://twitter.com/lastletter0117/status/1201382990665986048

 

映画「ラストレター」 結末・ラスト

https://www.instagram.com/p/B5XR8LCHG_K/?utm_source=ig_web_copy_link
https://www.instagram.com/p/B6j5rK5HXan/?utm_source=ig_web_copy_link
映画「ラストレター」は現在、まだ公開されていません。
書籍版の情報などを元に、結末・ラストに触れていきましょう。

ネタバレがありますので、気をつけてくださいね!

 

未咲は、夫の阿藤から暴力を受け、それを苦に自殺してしまったのでした。

それを知った鏡史郎はショックを受け、小説家である自分にできることは、それを小説に書こうと取材に出かけます。

鏡史郎から未咲を、つまらない理由で奪った阿藤の言葉に、鏡史郎は打ちのめされることになりました。

 

未咲の実家の本棚には、「未咲」というタイトルの小説がありました。

それこそが、鏡史郎のデビュー作だったのです。

 

鮎美が、亡くなった母から受け取り、読むことのできなかった手紙の内容は、中学の卒業式で未咲が読んだ答辞の文章でした。

それは、鏡史郎に手伝ってもらって書いた文章で、未咲はずっと大切に持っていたのです。

未咲は鏡史郎の文章の才能を褒め、「小説家になった方がいい」と言いました。
鏡史郎はそれで小説家になったのですね…

https://www.instagram.com/p/B5uarlyHQkP/?utm_source=ig_web_copy_link

姉妹、親子、恋人…

それぞれがそれぞれに苦しみ、すれ違い、胸が苦しくなるストーリーでしたね…

 

映画「ラストレター」 感想・評価・レビュー

公開後に追記します!

 

映画「ラストレター」 まとめ

映画「ラストレター」をご紹介しました。

過去と現在が絡み合い、真実を知った時の衝撃と絶望…

胸が苦しくなるラブストーリーでしたね…

映画館ではハンカチを用意して見るのがよさそうです…

岩井俊二監督の世界を、劇場で、美しい映像で味わえるのが楽しみですね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です