アニメ

アニメ映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】あらすじ・ネタバレ結末公開!原作漫画や実写版との違いも!

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

アニメ映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開に先立ち、ストーリーのあらすじやネタバレ、結末も公開します!

原作漫画や実写版ドラマとの違いや、見どころについてもご紹介していきます。

戦時下の市井の人々の暮らしが詳細に描かれた作品が評価されて、続編まで作られたことが嬉しいです。

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】作品情報

作品情報をまとめました。

公開日 2019年12月20日(金)
キャスト 声の出演/のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓 澁谷天外 ほか
監督 片渕須直
原作 こうの史代
前売り特典 オリジナル葉書付きムビチケカード
音楽 コトリンゴ
上映時間 168分
配給 東京テアトル

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】キャスト

北條(浦野)すず:のん


北條家に嫁いできたすずさんは、この物語の主人公。
ボーッとしているけど芯が強くていい人絵を描くのが得意

水原哲:小野大輔

すずさんの幼馴染で、すずさんに思いを寄せていた青年。

白木リン:岩井七世

迷い込んだ遊郭ですずさんを助けてくれた遊女

嫁ぎ先の呉での唯一の友達

テル:花澤香菜(初登場キャラ)

リンさんと同じ遊郭で働く九州出身の女性

予告動画では、すずさんがテルさんのために雪の上に絵を描いていましたね。

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】あらすじ・ネタバレ

まずは予告動画を見てみましょう!

リンさんやテルさんといった、遊郭に生きる女性たちとすずさんの関係にクローズアップされているようですね。

あらすじ

広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる。

引用元:https://movie.jorudan.co.jp/cinema/36176/

すず・周作・リンとの三角関係や、遊郭で生きる女性たちとの友情などを通してすずさんの心の動きが前作より色濃く読み取れる作品になっています。

※ネタバレになりますので、知りたくない方は次の項目まで飛ばしてください!

 

 

すずさんが周作さんが遊郭の女・リンに熱をあげていた過去、リン・テル・知多ら5人の死に向き合う姿が描かれます。

 

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】原作漫画との違いは?

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】(以下、2019年版)では、2016年版のアニメ映画で省いたエピソードを加え、時代考証を重ね、細部をさらにリアルに描き直しています。

リンさんのエピソードの追加

遊郭に迷い込んだすずさんを助けてくれた白木リンさんのエピソードは、2016年版では2時間に収めるにあたりカットされていました。

テレビドラマでは二階堂ふみさんが演じていたので記憶に残っている方も多いと思います。

今作では、そんなリンさんとすずさん、さらにすずさんの夫・周作との関係が明らかになっています。

すずさんの内面にクローズアップ

2016年版は、観客がすずさんと一緒に戦争を生きているように感じる作品でしたが、2019年版では「すずさんという人間がどんな人で、心の中に何を思っていたのか」を描いていたそうです。

2016年版の後に判明した事実を追加

すずさんが歩く戦前の広島の中島本町の町並みは、2016年版よりさらにリアルになっています。

2016年版のあとに見つかったより鮮明な当時の写真と、店の配置が分かる包み紙などからリアルなお店の並びや外観を復元することができました。

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】結末・ラスト

公開後に追記します。

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】感想・評価・レビュー

「この世界の片隅に」を鑑賞済みだが、長尺である事が全く気にならなかった。
よく分からないシーンは、解釈はそれぞれと思い楽しめた。
「すずさん」を中心とした、全般ほんわかとした優しい空気と、かわいらしい絵。戦争で失う様々な事が、よりクリアに感じられた。後世に残るべき作品。

引用元:https://eiga.com/movie/89537/

 

基本的に義理の姉との関係に特化されていたこの世界の片隅に、とは違い、りん、テルらの物語も交えた多層的な物語に生まれ変わりました。

それがややこしく、テンポが悪く感じる方もいると思います。一度観て整理できなかったら原作を一読頂ければと思います。

いくつもの痛み、苦味、辛さ。そしてだからこその人の美しさ。

こちらもまた傑作。この世界の片隅にとは別の作品としておすすめします。

引用元:https://eiga.com/movie/89537/

映画【この世界の(さらにいくつもの)片隅に】まとめ

2016年版にちょろっとエピソードを足したなんて思ってもらいたくない、しっかりとした時代考証とさらにすずさんの中身に迫った作品なのでもはや別物の作品としてみていただきたい傑作です。

終戦から75年が経とうとしている令和の今だからこそ見ていただきたい作品です!

ぜひ劇場でご覧ください。

エンタメ好きミーハー女
むびろぐちゃん
休みの日はもっぱら動画配信サイトに釘付けになってるアラサーミーハー女がブログ始めました。 ジャニーズ、スノスト、JO1、坂道系も満遍なくすきで気になったことをあれこれ書いてみます(=゚ω゚)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です