未分類

大河ドラマ「麒麟がくる」 題字は誰の書?墨汁のしぶきにも意味があった!

麒麟がくる

2020年1月19日(日)に放送がスタートする大河ドラマ「麒麟がくる」

前作「いだてん」では歴代最低視聴率を叩き出してしまいました。

裏番組のバラエティが躍進するなか、今回は戦国時代を舞台に明智光秀を題材にした作品で挽回をはかるようです。

ビジュアルが公開されるやいなや、題字のかっこよさが早速話題に。

題字を手掛けたのは美文字先生で知られる書道家の中塚翠涛(なかつか すいとう)さん!

いったいどんな方なのか、調べていきます。

麒麟がくる
【麒麟がくる】再放送はいつ?1話〜最終回の動画配信を無料視聴する方法は?2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送はいつから?再放送はいつある?見逃し動画配信はどこで見られる?動画を無料視聴できる方法はある?といった疑問を解決! 大河ドラマ「麒麟がくる」を見逃した方に再放送や動画配信の情報をまとめてご紹介します。...

大河ドラマ「麒麟がくる」あらすじ

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……そして、麒麟はいつ、来るのか?若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。明智光秀とはいったい何者なのか?麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

引用元:https://www.nhk.or.jp/kirin/about/index.html

 

中塚 翠涛(なかつか すいとう)さん はどんな人?

では、題字を書いた中塚翠涛さんとはどんな方なのでしょうか?

プロフィール

画像引用元:https://www.suitou-nakatsuka.jp/profile/

書家。岡山県出身。4歳から書に親しみ、古典的な書法を取得。筆の弾力と墨の無限のグラデーションに美しさを見いだし、和紙と墨のみならず、陶器、ガラス、映像など、幅広い手法で独自の表現を追求。2016年12月にパリ・ルーブル美術館の地下展示会場「カルーゼル・デュ・ルーブル」で開催されたSociete Nationale des Beaux-Arts 2016では、約300平方メートルの空間に書のインスタレーションを発表し、「金賞」「審査員賞金賞」をダブル受賞。テレビ朝日系「中居正広の身になる図書館」では「美文字大辞典」の講師として出演。手がけた題字は、ユネスコ「富士山世界遺産」、映画『武士の献立』など多数。TBSドラマ「SPEC」では書道監修を務める。

引用元:https://www.nhk.or.jp/kirin/about/index.html

https://www.instagram.com/p/B0xJz89nKSK/?utm_source=ig_web_copy_link

作品を作るだけではなく、インストラクターとしても活躍されているようです!

また、つくる作品も墨と筆だけではなく、ワイヤーを使ってみたり、陶器に書いてみたりとさまざま。

パリで展覧会を開いたり、有名ブランドのデザインを手掛けたりと、幅広い分野で活躍されています!

https://www.instagram.com/p/B4gQatSFeAd/?utm_source=ig_web_copy_link

以前バラエティ番組でもご活躍されていたので、「美文字先生」を見たことがあるという方も多いのでは?

 

中塚 翠涛さんの題字 過去作品

https://www.instagram.com/p/B3MQlmrFOiy/?utm_source=ig_web_copy_link

 

美しさを持ちながら、力強さも感じさせる文字ですよね。

作品の内容をよく考えてから筆にのせているように感じます!

「麒麟がくる」題字への中塚 翠涛さんのコメント

View this post on Instagram

本日、2020年大河ドラマ 『 麒麟がくる 』 の記者発表にて題字発表されました。 戦国時代に想いを馳せながら、荒々しく激動の世の中を生き抜いた明智光秀の内に秘めた強い想いと、その周りで支えた人々の姿を筆に託しました。 強さを前面に押し出さず、時代の空気感をどう表現するかということを意識しました。 ご依頼いただいた際、変化の波をどう乗り越えていくか?という点において、今回のドラマは今の時代と重なる部分がある、というお話があったことがとても印象に残っております。 新時代の大河ドラマに関わらせていただけたこと、大変光栄に存じます。 公式サイトにも掲載されましたので是非チェックしてみてください^_^ ↓↓↓ https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/369252.html #nhk #大河ドラマ #麒麟がくる #明智光秀 #2020 #新時代 #4K #題字 #桃山時代 #令和 #何度も意見交換し #自分もスタッフの皆さまも #熱いミーティングに #心の変化 #スタッフの皆さまに感謝 #ようやくご報告できました #発表と離陸のタイミングが同じ #びっくり #離陸前に見れてよかった #只今上空より

A post shared by suitou_nakatsuka (@suitou) on

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(2020年)の題字を担当させて頂きました。
戦国時代に想いを馳せながら、荒々しく激動の世の中を生き抜いた明智光秀の内に秘めた強い想いと、その周りで支えた人々の姿を筆に託しました。強さを前面に押し出さず、時代の空気感をどう表現するかということを意識しました。ご依頼いただいた際、変化の波をどう乗り越えていくか?という点において、今回のドラマは今の時代と重なる部分がある、というお話があったことが、とても印象に残っております。新時代の大河ドラマに関わらせていただけたこと、大変光栄に存じます。

引用元:https://www.suitou-nakatsuka.jp/news/2020/?p=1

近年勢いが減少している大河としては「麒麟がくる」は「原点に帰る」と「大河新時代」をテーマに取り組んでいます。

激動の時代を駆け抜けた明智光秀の生きざま・想いを筆に託したと語る中塚さん。

文字の周りに飛び散る墨が、光秀の熱い想いを感じさせますね。

今までの作品と比べてみても、真っすぐに筆を運んでいて、戦国時代ドラマらしい題字に仕上げられています!

まとめ

以上、2020年1月19日スタートの大河ドラマ「麒麟がくる」の題字についてまとめました!

キャストの問題で、スタートが数日遅れるなど放送開始前から色々あった「麒麟がくる」

題字のように勢いよく最終回までいけるでしょうか?

題字のみならず、出演者の衣装などビジュアル面にも強いこだわりをもって製作されている「麒麟がくる」

放送開始が楽しみですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です