未分類

【五十嵐カノア選手】東京オリンピック サーフィンメダル候補のプロフィール経歴がスゴい!

2020年東京オリンピックで初めて正式種目となったサーフィン

そして日本のサーフィン界の貴公子と言えば五十嵐カノア選手ですよね!

名前を聞くとハーフなのかな?と思った方もいるのではないでしょうか。

オリンピック出場選手内定の五十嵐カノア選手の気になるプロフィール、その実力についてまとめていきます!

五十嵐カノア オリンピックサーフィン競技のテレビ放送はいつ?動画配信の情報も調査!東京オリンピックのテレビ放送の予定が発表され始めましたね! 五十嵐カノア選手が出場するサーフィンの競技日はいつでしょうか? ...

五十嵐カノア選手 プロフィール

https://www.instagram.com/p/B3NT20GHUh6/?utm_source=ig_web_copy_link

生年月日:1997年10月1日
出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア
身長:180cm
所属:木下グループ

プロフィール
カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。3歳の時、見ているだけでは満足できなくなり自らも始める。すぐに才能を開花させサーフィン界の注目を集めるようになった。
2009年、11歳の時、NSSA(National Scholastic Surfing Association)主催の大会で、1シーズン中の最多勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。
2012年、USA Championship U-18を史上最年少の14歳で優勝。
2016年、史上最年少、アジア人で初めて、プロサーフィンの世界最高峰、WSL チャンピオンシップツアー(CT)2016に参戦し、2017年には、地元ハンティントンビーチで開催されたWSL Vans US Open(WSL QS10,000)で優勝する等、着実にその実力を発揮している。
2019年には、CT第3戦の「Corona Bali Protected」でアジア人初の優勝を成し遂げた。
サーフィンが正式公開種目となった2020年の東京オリンピックでは、最も注目される選手の一人である。

引用元:https://imgjapan.com/athlete/kanoaigarashi/

サーファーだったご両親は、子どもにもサーフィンをやらせるために、カノア選手が生まれる前にアメリカに移住したそうです!

ご両親は日本人ですが、名前はハワイ語で「自由」を意味するカノアと名付けました。

五十嵐カノア選手の弟もすごい!

ちなみに五十嵐カノア選手にはキアヌさんという弟がいます!

これまたイケメンのキアヌさんもプロになりたてのサーファーとのこと。

https://www.instagram.com/p/B6PJLdbnsjF/?utm_source=ig_web_copy_link

お兄さんそっくり!

こんな写真もありました 笑

https://www.instagram.com/p/ByQESopnPpY/?utm_source=ig_web_copy_link

まさに新世代を担う五十嵐ブラザーズですね!!!

メダルも狙える?五十嵐カノア選手の戦績!

五十嵐カノア選手 過去の戦績

2019年 WCT Corona Bali Protected 優勝
2018年 WSL Qualifying Series 3000 – Pro Santa Cruz 2018 優勝
2017年 WSL Vans US Open of Surfing 優勝
2016年 WCT Billabong Pipe Masters 準優勝
2012年 USA Championship U-18  最年少優勝
2010年 NSSA全米ナショナルチャンピオンを獲得
2009年 NSSA年間最多優勝回数 30勝達成

引用元:https://imgjapan.com/athlete/kanoaigarashi/

最近では2019年にWCT(ワールド・チャンピオンシップ・ツアー)という世界1のサーファーを決める大会の第3戦で、

日本人初の優勝を果たしました!

このWCTは、出場すること自体日本人初なのですが、優勝なんてすごい快挙ですね。

五十嵐カノア選手 最新の世界ランキング

WSL 2019 男子 CTランキング〈確定〉
World Surf Leagueが組織する世界最高峰のプロサーフィンツアーである「チャンピオンシップツアー(CT)」の男子ランキング。年間の最終成績1位の選手がその年の「ワールドチャンピオン」となる。最終ランク上位22名のみが、翌年のCTに残留できる。

順位 選手名 ポイント
イタロ・フェレイラ ブラジル 59,740
ガブリエル・メディナ ブラジル  56,475
ジョーディ・スミス 南アフリカ  49,985
フィリッペ・トレド ブラジル  49,145
コロヘ・アンディーノ アメリカ  46,655
五十嵐カノア  日本  40,185
ジョン・ジョン・フローレンス ハワイ  37,700
ケリー・スレーター アメリカ  34,845
オーウェン・ライト オーストラリア  34,780
10 ジェレミー・フローレス フランス  32,515

更新日:2019/12/20

引用元:https://www.surfnews.jp/surfing-ranking/

2019年の世界ランクは自己最高の6位

メダルを獲れる実力は十分ですね!

色んな大会で優勝経験のあるカノア選手ですが、東京オリンピックには特別な思いで挑むようです。

五十嵐カノア選手 東京オリンピックへの思い

これからはワールドタイトルを目指して戦うカノアであるけれど、2020年に関してはワールドチャンピオンよりゴールドメダルが大事だときっぱり。

「サーフィンが初めてオリンピックの種目になるということは、まだサーファーで金メダルを取った選手はいないということ。しかも日本で開かれるというのは僕にとってすごいタイミングで、英語で言うと〝made for me〟という感じです」

カノアは常々、自分はプレッシャーを力に変えることができる選手だと語っている。東京オリンピックで受けるであろう、周囲からの期待や重圧も力に変えることができるだろうか。

「むしろ、プレッシャーがないと力が出ないんです(笑)。サーフィン競技の会場になる千葉県・一宮町の釣ヶ崎海岸は、スポットがビーチに近い。だから、スタジアムみたいにファンが近くで観られるはずです。ファンとつながる感覚が好きなので、僕がエアーを決めてファンがワーッと盛り上がる、オリンピックをそういう大会にしたいと思いますね」

引用元:https://www.gqjapan.jp/culture/article/20200127-kanoa-igarashi

もともとアメリカと日本の両国籍を持っていたカノア選手。

2020年のオリンピックに向けて、両親の母国である日本代表として出場することに決めました。

オリンピックのサーフィン初代メダリストになってほしいですね!

 

五十嵐カノア選手 まとめ

以上、五十嵐カノア選手についてまとめました。

東京オリンピックでの五十嵐カノア選手の活躍によって、日本でもサーフィンの競技人口も増えていくのではないでしょうか?

これからますます活躍していく五十嵐カノア選手に注目ですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です