未分類

浜崎あゆみ小説M ドラマ化キャストあらすじ!松浦は三浦翔平?あゆ役は誰?

M

一世を風靡した女性歌手・浜崎あゆみの半生が描かれた小説「M 愛すべき人がいて」がドラマ化することが決定しました。

ドラマで最も重要な役であるプロデューサー・Mである松浦を演じるのは三浦翔平?そして主役であるあゆ役は誰なのか!?キャストに注目です。

あゆの人気曲「M」に込められた想いと歌手・浜崎あゆみになるまでが描かれた小説M、あらすじもご紹介していきます。

浜崎あゆみ小説Mドラマあらすじ

それでもマサ、私は歌っているよ。
浜崎あゆみを生きているよ。

歌姫誕生に秘められた、出会いと別れの物語。

「二人で作り上げた“浜崎あゆみ”は、
マサにも、あゆにも、手に負えない
モンスターになってしまったね」

博多から上京したありふれた少女・あゆを変えたのは、
あるプロデューサーとの出会いだった。
やがて愛し合う二人は、“浜崎あゆみ”を
瞬く間にスターダムに伸し上げる。
しかし、別れは思いのほか、早く訪れ……。

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4344034910?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

歌姫と呼ばれるまでに成長を遂げたあゆ。

その始まりは、プロデューサーM(松浦)との出会いがきっかけでした。

「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」と語るあゆの想いと葛藤が、詰め込まれています。

浜崎あゆみ小説Mドラマキャスト

続いて気になるキャストを見ていきましょう。

プロデューサーM・松浦(マサ)


あゆの人生を変えた松浦を演じるのは、まだ正式に発表がなく分かっていません。

キャストには、岩田剛典の声が多く上がっていましたが、2019年12月ごろ新たな情報が入り「三浦翔平」の可能性が高くなりました。

三浦翔平の甘いマスクは、正直、松浦とは似ても似つかないですが…。

脚本を手掛ける鈴木おさむとは、「奪い愛、冬」で共演経験もあり演技力にも問題はありません。

浜崎あゆみ

主役であり、最も重要な役どころでもあるあゆを演じるのは誰なのか…。

こちらも、まだ正式な発表はありません。

そんな中で最も有力視されているのが、第2の浜崎あゆみとも言われている「安斉かれん」です。

容姿はギャルであゆを演じるのにはうってつけ!

さらには、令和元年5月1日にavexから歌手デビューも果たしているのです。

浜崎あゆみ小説Mドラマ原作

原作は、歌手の浜崎あゆみの半生を描いた自伝的小説「M 愛すべき人がいて」。

ノンフィクション作家・小松成美が、浜崎あゆみの平凡だった少女から歌手・浜崎あゆみとして生きていく中で、プロデューサー「M」と出会い恋に落ち、その恋の結末まで事実を元に描かれています。

スキャンダラスな文脈が目立ったが、小松成美による率直で瑞々しい心理描写と音楽業界の知られざる闇、そして儚く切ない恋愛模様が話題になっています。

浜崎あゆみ小説Mの評価

小説Mを読んだ評価で最も多いのが、

  • 全てを手に入れたかのように見えていたのに…。
  • この経験が、泣ける歌詞に繋がっている
  • 改めて曲を聞くと涙が止まらない

このような感想でした。

あゆの、光り輝いているように見えていた人生も、切なく辛い過去があったのですね。

浜崎あゆみ小説Mドラマまとめ

あゆの想いがつまった「M」。

改めて浜崎あゆみ小説Mをドラマで見ることで、違った曲に聞こえることは間違いありません。

正式な発表がなく、キャストがどうなるかは分かりませんが、あゆ役に第2の浜崎あゆみと言われている「安斉かれん」の可能性は、とても高いと言えます。

ドラマの放送まで、楽しみに待つことにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です