洋画

キャッツ(実写版映画)にテイラー・スウィフト何役で出る?演技評価は?劇中の新曲情報も!

世界中で愛されるミュージカルCatsが実写版映画に!

日本では2020年1月24日に公開されます。

一足早く公開された海外では大コケ?酷評を受けている作品ですが、

実力派俳優に大物歌手と豪華なキャスト陣が出演しています!

なかでも世界のポップスター、テイラー・スウィフトの出演には驚いた人も多いのでは?

今回はキャッツ(実写版)のテイラー・スウィフトの役どころについて調べていきます!

キャッツ
映画 キャッツ(実写版)評価が酷すぎるのはなぜ?米でゴミ映画と酷評され大コケ?世界中で愛されているミュージカル「Cats」がなんと実写版映画となりました! 2020年1月24日に日本で公開される実写版キャッツ 先に公開されたアメリカでは近年稀に見る酷評を受けています! なぜゴミ映画と言われるほど酷評されているのか? 日本公開前に実写版キャッツについて調べていきます!...

キャッツ(実写版映画)あらすじ

まずは、キャッツ(実写版映画)のあらすじを見ていきましょう。

ヴィクトリアが迷い込んだのは、新しい人生を生きることを許されるたった一匹の猫が選ばれる、一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会が開催される、猫たちの秘密の世界。その一匹を選ぶ長老猫オールドデュトロノミーの「見極めるのは魂よ」という言葉に導かれながら、ヴィクトリアは歌やダンスで自身を表現しようとする個性豊かな猫たちに出会います。「選ばれるのは私だ」と語る怪しげな猫や、ふとっちょな猫、奇跡を願う猫…様々な猫たちとの出会いで、ヴィクトリアはどのように変わっていくのか?そして、最後に選ばれる猫は一体…?バレエ、ヒップホップ、タップなど、多様なダンスと美しい音楽に彩られ、これまで誰も見たこともない世界が映し出される本映像。猫たちの特別な一夜の物語が描かれる映画『キャッツ』に、ぜひご期待下さい。

引用元:https://cats-movie.jp/news/

テイラー・スウィフトが演じるキャラクターとは

テイラー・スウィフトのプロフィール

View this post on Instagram

Meow.

A post shared by Taylor Swift (@taylorswift) on

出生名 Taylor Alison Swift テイラー・アリソン・スウィフト
生誕 1989年12月13日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州
ジャンル カントリー・ポップ
職業 シンガーソングライター、音楽プロデューサー、作詞家、女優
担当楽器 ボーカル、ギター、ウクレレ、ピアノ、バンジョー
活動期間 2006年 –

グラミー賞10回受賞(32回ノミネート)、最優秀アルバム賞を史上最年少(20歳と49日)で獲得した

引用元:https://ja.wikipedia

 

テイラー・スウィフト演じるボンバルリーナとはどんな役?

 

ブロードウェイや劇団四季でのボンバルリーナは、セクシーな赤いメス猫で、メス猫の女王様的存在です。

メス猫のリーダー格であるボンバルリーナですが、自由奔放なモテ猫ラム・タム・タガーに恋心を抱いています。

公式サイトでのキャラクター紹介によると…

画像引用元:https://cats-movie.jp/character/

マキャヴィティと行動を共にする妖艶なメス猫

気高い感じですね~

ちなみにマキャヴィティってどんな猫かというと

 画像引用元:https://cats-movie.jp/character/

神出鬼没で恐ろしい力を持つ、お尋ね者の猫

わ、いかにも悪そうな猫ですね~!笑

ミュージカルでは唯一の本物の悪者と説明されています。

劇中歌にも「犯罪王」という曲があるほど!

実写版ではこちらの犯罪王と行動を共にするボンバルリーナ。

ラム・タム・タガーへ恋するボンバルリーナは、実写版では見られないのでしょうか…

ミュージカル作品との役の違いも楽しめそうですね!

テイラー・スウィフトの演技の評価は?

テイラーの演技に対する評価を調べてみました!

マカヴィティ演じるイドリス・エルバより

「テイラーは素晴らしい!彼女と一緒に演じることが多かったんだけど、とても一生懸命働くし、セットにいるだけで幸せそうだったよ」

とコメント。

ジェニエニドッツ演じるレベル・ウィルソンからも

「テイラーは信じられないくらい素晴らしいわ!とてもラブリーだし、個人的には登場する猫の中で、一番セクシーだと思う」

とこちらもテイラーを絶賛しています!

テイラー・スウィフトのキャスティング裏話

実はテイラー・スウィフト、12年に公開された映画版「レ・ミゼラブル」のオーディションに落ちていたそうです。

トム・フーバー監督が、スウィフトはエポニーヌ役のオーディションで良い線まで行ったものの、最終的に父の悪事を手伝いながら生きる貧しい少女を演じるイメージが持てなかったとオーディションで落とした理由を明かした。しかし、この時のオーディションでの経験から「キャッツ」を製作する際にはいち早く声をかけたと明かした。

引用元:https://www.nikkansports.com/

レ・ミゼラブルのオーディションを受けていなければ、テイラーのキャッツへの出演もなかった?!

監督もテイラーの華やかな雰囲気が記憶に残っていたということですね。

テイラー・スウィフトが書き下ろした劇中歌

テイラー・スウィフトと作曲家で今作で音楽を担当するアンドリュー・ロイド=ウェバーが、実写版キャッツのために共同制作した新曲が「Beautiful Ghosts」です。

この曲は主人公のヴィクトリアが歌う劇中歌ですが、なんとエンドクレジット版ではテイラー・スウィフトが歌っています!

そしてこちらの「Beautiful Ghosts」が

第77回ゴールデン・グローブ賞ベスト・オリジナル・ソング賞(映画部門)にノミネートされました!

 

とても切なく美しい曲で、聞いた人からは「泣いた…」とコメントが続出しています。

キャッツ(実写版映画)テイラー・スウィフトまとめ

さすが世界のテイラー・スウィフト!

劇中の歌唱シーンからエンドロールまで目が離せない、テイラーファン必見の映画のようです。

ボンバルリーナという妖艶で魅力的な猫をテイラーがどう演じているのか、公開が待ち遠しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です