邦画

映画 AI崩壊が仮面ライダー映画令ジェネに似てる!?類似点と結末を比べてみた!

AI崩壊

2020年1月に公開される映画「AI崩壊」。

公開前にも関わらず、2019年12月21日に公開された「仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション」に似てると話題になっています。

今回はネタバレを含みつつ、この2つの作品の類似点と結末を元に比べていきます。

AI崩壊作品情報

AI崩壊作品情報を簡単にまとめました♪

公開日 2020年1月31日(金)
キャスト 大沢たかお,賀来賢人,広瀬アリス,岩田剛典,ほか
監督 入江悠
脚本 入江悠
原作 オリジナル
音楽 横山克
配給 ワーナー・ブラザーズ映画
上映時間 131分
前売り券特典 なし

AI崩壊は、2020年から10年後の2030年の日本を描いたSF・パニック、サスペンス映画となっています。

10年後という、そう遠くない未来でAIが個人情報を元に全国民の命の選別を始めたことから物語は始まります。

暴走するAIと、阻止しようとする天才科学者の戦いが幕を開けました。

今作を手掛けるのは、「22年目の告白-私が殺人犯です-」の監督「入江悠」の完全オリジナル作品です。

主演には大沢たかお、さらには「今日から俺は!!!」で三橋を演じた賀来賢人・LDHからはイケメン岩田剛典・他にも広瀬アリス・松嶋菜々子と、豪華キャストが揃っています。

 

AI崩壊キャスト出演者

AIとの戦いを、それぞれがどうが演じてくれるのか楽しみです!

大沢たかお(演:桐生浩介)

 

東北情報先端大学大学院の研究所に所属していた天才科学者。

妻を死の淵から救うためAI「のぞみ」を開発、しかし、国の許可が下りず妻も死んでしまう。

その後は、のぞみの管理を西村に任せ一人娘と移住。桐生の帰国と同時にのぞみが暴走を始め、テロリストとして警察から追われる立場となってしまった。

賀来賢人(演:西村悟)

 

HOPE社代表取締役で、桐生の義弟。

桐生と今は亡き姉の意思を継ぎ、のぞみの管理を行っていたが暴走を止める手立てを持っていなかった。

逃亡者となっても桐生との信頼関係は厚く、桐生の娘を救うため奔走する。

広瀬アリス(演:奥瀬久未)

 

警視庁捜査一課の新米刑事。

経験はまだまだ浅いが仕事への情熱は持っている。最先端の技術を駆使したサイバー犯罪対策課の強引な操作方法に驚かされている。

ペアを組む合田とはソリが合わないことが多かったが、共に捜査を進めていく内に感化され、いいコンビへと変わっていく。

岩田剛典(演:桜庭誠)


警視庁警備局理事官。

海外の人工知能研究でMITの博士号取得、帰国後最年少で理事官に就任するという天才。

研究者として桐生を尊敬していたが、テロリストとなったため世間公表前の捜査AI「百眼」で追うこととなった。

AI崩壊あらすじ

2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始ーー人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める。警視庁の天才警察官・桜庭(岩田剛典)は、AIを暴走させたテロリストを開発者である桐生と断定。日本中に張り巡らされたAI警視網で、逃亡者・桐生を追い詰める。桐生が開発したAIを管理していたのは、桐生の亡き妻でありAI共同開発者の望(松嶋菜々子)の弟、西村(賀来賢人)。事件の鍵を握る西村も奔走する一方で、所轄のベテラン刑事・合田(三浦友和)と捜査一課の新米刑事・奥瀬(広瀬アリス)は足を使った操作で桐生に迫る。日本中がパニックに陥る中、桐生の決死の逃亡の果てに待っているものとは?一体、なぜAIは暴走したのか?止まらないAI社会の崩壊は、衝撃の結末へーー。

http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/about.html

 

AI崩壊と令ジェネの類似点

AI崩壊について確認したところで、令ジェネと比べていきましょう。

令和ジェネレーション
【ゼロワン・ジオウ冬映画 令ジェネ】ネタバレ感想と考察|仮面ライダーⅠ型は敵か味方か?12月21日公開の映画【仮面ライダー 令和 ザ・ファーストジェネレーション】。平成ライダー最後の作品「仮面ライダージオウ」と、令和初のライダー「仮面ライダーゼロワン」が共闘する映画です。この【仮面ライダー 令和 ザ・ファーストジェネレーション】のあらすじや見どころ、ネタバレ感想について紹介します。...

1、AIの暴走

仮面ライダーゼロワンは元々、AIの暴走によって(敵によるもの)物語が始まります。

映画では、主人公の会社がAIに乗っ取られているような形で始まりました。

人のため、社会のためにと作られたAIが暴走したことがきっかけに物語が始まっていくというストーリーが似ています。

2、主人公がテロリスト

AI崩壊でも、令ジェネでも、主人公がテロリストとして指名手配されてしまいます。

物語の始まり方が、主人公がテロリストになるというそっくりな設定となっていました。

テロリストとなってしまったきっかけはそれぞれ違いますが、追われる身となってしまった主人公…。このポイントが1番類似していますね。

3、刑事の介入

AI崩壊では警視庁捜査一課とサイバー犯罪対策課が、令ジェネでは人工知能特務機関が登場します。

名前は違ってはいますが、サイバー犯罪対策課も人工知能特務機関も、AIとの戦いには欠かせない刑事組織です。

令ジェネというよりは、仮面ライダーゼロワンの元々の設定ではありますが、人とAIとの戦いで科学者だけではなく、刑事も登場することは似ています。

AI崩壊結末・ラスト

映画公開前ですが、原作小説から結末をご紹介します。(映画では違う可能性があります。)

ネタバレとなりますのでまだ知りたくないという方はご注意ください。

 

AI崩壊結末

のぞみがいのちの選別を始めようとした数十分前、桐生はのぞみに不正アクセスした記録を辿り監視カメラで確認、バックドアを仕掛けた犯人に辿り着くことに成功した。

そこに駆け付けた桜庭が桐生に発砲、かばった西村が撃たれ死亡。

 

そして…

HOPEに移り、確信にせまる桐生。

犯人は、桜庭だったのだ。

のぞみが持つ全国8割のデータがあれば完璧な監視システムが作れること、のぞみを暴走させ田中総理を殺害すること、今の日本から貧困をなくすため岸を総理大臣にしようとしていたのである。

しかし止まらないのぞみ、シェードが邪魔していたのだ。

娘・心が最後の力を振り絞り鏡で光を反射させることでのぞみは、本来のプログラムを取り戻した。

のぞみは、なぜ国の許可が下りないから…という理由で母が死に至った経緯を映像にして心に見せた。

それは、のぞみは2人の子供で未来の希望となる、その子にはまず最初にルールを守ることを教えようと、自分よりものぞみと未来を想った母の言葉だったーー

AI崩壊感想・評価・レビュー

試写会を見た方の感想のみ、ご紹介していきます。映画の感想は公開後に追記します。

ちょうどゼロワン放送してるときに似たような題材被ってしまうのは逆に凄いな

https://filmarks.com/movies/82229

 

ある意味全員追い詰められます。余裕がありません。主演の大沢さん、賀来さん広瀬さん三浦さん岩田さんをはじめとする豪華で力強い俳優陣が過酷な状況の中を突き進みます。どんな結末を迎えるのか分からないまま加速していきます。

https://eiga.com/movie/90456/review/

 

シークレット試写にて鑑賞。
仮面ライダーゼロワンと同じテーマの近未来SFパニックものかと思いきや、ひたすら大沢たかおが逃げ惑う逃亡劇。

https://filmarks.com/movies/82229

 

AI崩壊まとめ

いよいよ公開が目前に迫った「AI崩壊」。

人と人が複雑に絡み合い、AIとの戦いに挑む新しいサスペンス映画となっています。

現在放送中で、公開された仮面ライダーゼロワンと類似する点が多く見られてしまいましたが、キーワード「AI」が同じだからこそのことなのでしょう。

ずひみなさんも、実際に自分の目で映画を見に行ってみてください!!!

 

エンタメ好きミーハー女
むびろぐちゃん
休みの日はもっぱら動画配信サイトに釘付けになってるアラサーミーハー女がブログ始めました。 ジャニーズ、スノスト、JO1、坂道系も満遍なくすきで気になったことをあれこれ書いてみます(=゚ω゚)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です