ドラマ

【10の秘密】犯人や火事の真相を考察!仲里依紗が黒幕?全話伏線徹底回収!

ミステリードラマ「10の秘密」が、ついに完結しました!

序盤から黒幕候補として怪しんでいた菜七子(仲里依紗)も、悲しい秘密を抱えた人物でした。

「10の秘密」最終話で、全ての伏線が回収されたので、徹底回収します!

全ての黒幕は、由貴子(仲間由紀恵)なのか!?

ネタバレがたくさんありますので、ご注意くださいね♪

 

 

ドラマ「10の秘密」作品概要

10の秘密

画像引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

作品情報を簡単にまとめました♪

キャスト 向井理、仲間由紀恵、仲里依紗、松村北斗(SixTONES)、山田杏奈、高島豪志、堀田茜、河村花、佐野史郎、遠藤雄弥、藤原光博、山野海、名取裕子、渡部篤郎
脚本 後藤法子
主題歌・オープニング曲 秋山黄色「モノローグ」、女王蜂「BL」
プロデューサー 河西秀幸
演出・プロデューサー 三宅喜重
演出 宝来忠昭、中西正茂
音楽 林ゆうき、橘麻美
制作・著作 カンテレ

 

ドラマ「10の秘密」あらすじ

誰にだって、秘密はある。
彼女にも。娘にも。
もちろん、ただ必死に生きてきた俺にも。

主人公は建設検査会社に勤務するシングルファザー。
14歳になる娘と二人暮らし。
「娘第一主義」で、飲み代を削って貯金する――
そうやって懸命に生きてきた男の世界が、
ある日、ひっくり返った。
『娘を預かった。命が惜しければ、元妻を探せ』
脅迫電話がきて、娘が姿を消したのだ。
なんと、元妻も、少し前に姿を消していた――。

娘を探すにつれて、別れた妻のセレブな暮らしに隠された秘密を知るばかりか、何でも話せる父娘と思っていた娘にすら、
秘密があることを知ってしまう…。

次々と明らかになっていく登場人物たちの
さまざまな”秘密
家族、お金、権力、愛のために守り抜いてきたそれぞれの
秘密が暴かれたとき、想像を絶する展開が。

引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

 

 

ドラマ「10の秘密」登場人物の「秘密」まとめ

登場人物それぞれが、誰にも言えない秘密をかかえるドラマ「10の秘密」

明らかになったそれぞれの「秘密」をまとめてみましょう。

向井理(演:白河圭太)の秘密

10年前の火事の原因が娘のであること、その火事で死者が出たこと、遺族に個人的に慰謝料を送り続けていたことを「秘密」としてかかえていた。

不正な金を受け取ったことで会社を懲戒解雇され、金に困って由貴子が脅迫で得た3億円を横取りした。

娘を想うがあまり、それらの秘密を素直に打ち明けることができず、娘からの信用を失ってしまった。

火事の「秘密」が、結果的に多くの人間の運命を狂わせることになった。

仲間由紀恵(演:仙台由貴子)の秘密

https://twitter.com/10nohimitsu/status/1206899161490018304

圭太と離婚後、金回りのいいセレブを演じていた。
顧問弁護士として、帝東建設の不正を握りつぶす役目を負っていた。

身の危険を察し、弁護士を辞め、人生をやり直そうとしている。

帝東建設から多額の金を奪うため、娘の誘拐を企てた張本人。

船の爆破によって死亡したように見えていたが、自作自演だった。

10年前の火事の際、逃げる長沼を目撃し、脅迫をすることで顧問弁護士の地位についたのだった。

 

仲里依紗(演:石川菜七子)の秘密

同僚の誘いを断り、派手な格好をしてクラブで男を誘っていた。
その行動は、過去のトラウマが原因だった。

宇都宮とつながっていたことが判明。
圭太が隠していた3億円は、菜七子の手で宇都宮の手に渡っていた。

しかしその行動は、宇都宮に脅されていたからだった。

松村北斗(演:伊達翼)の秘密

10年前の火事で亡くなった、ピアニストの女性の一人息子。
本名は岩瀬真一郎。父親はいなかったらしい。

母親が死んだ原因は火事ではなく、殺人だと信じている。
圭太をその犯人として疑い、情報を手に入れるため、瞳と接触していた。

母親に会いに来ていた男が靴を拭いていたため、宇都宮だと思っていたが…
その男は、長沼であることが判明した。

母親は、長沼によってケガを負わされた後、運悪く起きた火事に巻き込まれ死亡したことが判明した。

山田杏奈(演:白河瞳)の秘密

https://twitter.com/anna0108yamada/status/1216537925548007426

父を想いつつも、父の理想の娘でいることに疲れていた。
何でも話せる親子、それは圭太の思い込みにすぎなかった。

出ていった母親のことを嫌いだと言ったのは、父を想ってのこと。
母とは連絡を取っており、そこを母に付け込まれることになった。

翼によって仕組まれていたとはいえ、父のかかえる10年前の火事の秘密を探っていた。

親友の真衣によると、自らトラックの前に進み出て、自殺をはかろうとしていたらしいが…

渡部篤郎(演:宇都宮竜二)の秘密

https://twitter.com/fujitv/status/1216695136962277376

長沼の忠実な部下を演じているが、圭太を使い、会社の外側から攻めることで長沼を失脚させることをもくろんでいる。

部下の磐城に、「切り札」があることを匂わせていた。

翼の母と愛人関係にあった長沼の弱みを握ることと、矢吹の直筆の手帳USBを持っていることが切り札だった。

佐野史郎(演:長沼豊)の秘密

https://twitter.com/10nohimitsu/status/1204521215273996289

建築偽装の証拠は処分したものの、宇都宮の裏切りに気づき、宇都宮を切ることに決めた。

社長になる前から、建築偽装を行っていたことが判明。

10年前、翼の母と愛人関係にあった。
火事の際、ケガを負った翼の母を見殺しにして現場を去った。
その様子を由貴子に見られ、脅迫を受けていた。

高原豪志(演:磐城英明)の秘密

長沼につき、完全に宇都宮の敵に回ったように見えるが…

最終的には全てを社長の指示と証言し、己の立場を守った。

名取裕子(演:白河純子)の秘密

(写真:左)
元教師であることがわかった。

圭太・由貴子の結婚前に、由貴子の母親に会っていた。

河村花(演:泉崎真衣)の秘密

https://twitter.com/10nohimitsu/status/1229319358146461696

(写真:左)
瞳から相談を受けていた同級生。
秘密らしい秘密は見当たらなそうです。

堀田茜(演:那須葵)の秘密

https://www.instagram.com/p/B7LQ5TxpPCX/?utm_source=ig_web_copy_link

菜七子の同僚の保育士。
菜七子の計画に協力し、ホテルのスタッフに化け、由貴子の偽造パスポートを盗み出した。

遠藤雄弥(演:二本松謙一)の秘密

(写真:右)
由貴子の指示で、瞳を誘拐した誘拐犯

由貴子の偽造パスポートを取り戻すため、圭太宅へ侵入。

由貴子とはアイコンタクトで通じ合う間柄。
弁護士の由貴子に母親ともども救われた過去があるらしく、由貴子には絶対的な恩義を感じている。

藤原光博(演:石川照男)、山野海(演:石川千秋)の秘密

菜七子の両親。
彼らにも今のところは秘密はなさそうです。

 

 

ドラマ「10の秘密」ネタバレ考察

1話ごとに考察をしていきましょう。

放送前の最新話についても、予想を含めた考察をしていきます。

随時更新していきます!!

 

1話「消えた娘と元妻」ネタバレ考察

10の秘密

画像引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

白河圭太(向井理さん)仙台由貴子(仲間由紀恵さん)と離婚をし、娘・瞳(山田杏奈さん)と二人暮らしをしています。

シングルファザーながら、素直で可愛い娘とは、良好な関係を築いています。
瞳には不自由な思いをさせないようにと、圭太は健気に倹約生活をしているのでした。

そんな平穏な日常を壊したのは、「娘を誘拐した」という一本の電話でした。

 

誘拐された娘と、誘拐犯の要求

瞳を誘拐した誘拐犯の要求は、「仙台由貴子を3日以内に見つけ出せ」というものでした。

結果的に、3日目に圭太は由貴子と再会することができました。

瞳の解放までは、まだ時間がかかりましたが。

 

由貴子の秘密

圭太は離婚した元妻・由貴子に会いに勤め先に向かいますが、由貴子が失踪したと知らされます。

恋人だったという帝東建設の社員、宇都宮(渡部篤郎さん)に会い、金回りがいいと思っていた由貴子の本当の姿を知ることになる圭太。
由貴子の、セレブとは程遠い…借金まみれの実情を知ることになるのでした。

圭太は由貴子が金に困っているのは、10年前の秘密のせいで誰かに脅されているせいだと予想するのでした。

 

帝東建設社員、矢吹の自殺

帝東建設の社員、矢吹の自殺が、そもそもの始まりでした。

建設中のビルから身を投げて自殺を図る矢吹…その手にはUSBと手帳
USBと手帳、これがキーアイテムとなります。

由貴子の制止も聞かず、矢吹は飛び降りてしまうのでした。

矢吹が握っている情報を握りつぶせと、帝東建設から指示を受けていた由貴子は、この「ミス」によって、己の身を危ぶみ、失踪を決意したのです。

 

 

2話「娘の秘密と不法侵入」ネタバレ考察

向井理 仲里依紗

画像引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

由貴子と再会した圭太は、誘拐犯の目的がとあるデータであることを聞かされます。

独自に誘拐犯を追う圭太は、謎のピアニスト伊達翼(松村北斗さん)を怪しみます。
幼馴染の菜七子(仲里依紗さん)が、夜の繁華街で瞳を見かけたことを思い出し、翼という青年の手がかりを探ることになりました。

幼馴染の菜七子について、ちょっと突っ込んだ考察もしてみたので、こちらからどうぞ♪

【10の秘密考察】 犯人は菜七子(仲里依紗)?正体は由貴子とグルで黒幕?ドラマ「10の秘密」の犯人を考察していきます! 犯人は仲里依紗演じる菜七子で主人公・圭太(向井理)の別れた妻・由貴子(仲間由紀恵)とグルなんじゃないか!?とにらんでいます。 1話では圭太と由貴子の娘、瞳が誘拐されました。 放送された2話までの数少ない情報をまとめ、犯人の正体を考察していきます。 今回は、菜七子を犯人として 由貴子とグルかも?とも考察していますが、果たして…...

菜七子と由貴子がグルかもしれないという考察は、ハズれてしまったようです…

 

翼と瞳

圭太は、瞳のsns上に載っていた写真や動画から、翼を怪しんでいましたが、結果的に、翼は誘拐犯ではありませんでした。

翼は、瞳から相談を受けていました。

その内容は、父親想いの優しい娘の思いでした。
圭太が瞳に、例え傷つけたとしても秘密を持たずに誠実に向き合っていたなら…

 

データを盗み出すための不法侵入

誘拐犯の目的が、帝東建設の建築偽装の証拠データであると聞かされた圭太は、由貴子の指示でデータを盗み出すことに…

菜七子を伴い、無事にデータを盗み出すことに成功する圭太でしたが…この辺り、色々と怪しいんですよね。

由貴子が合鍵の場所を知っていることや、誘拐犯からの直接の要求にデータの件が触れられていないこと…

データを欲していたのは、由貴子なのではないか、と考察できるんですよね。

 

さらにラストの由貴子の不敵な笑み…あれはわかりやす過ぎましたよね!

 

3話「10年前の秘密と誘拐事件の真実」ネタバレ考察

10の秘密

画像引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

圭太が盗み出したデータのおかげで、瞳は無事に解放されました。
元通りの仲良し親子に戻るかと思いきや、父と娘の関係性は、少しずつ歪んでいきます。

瞳が、10年前に起きたことについて、思い出し始めていたのです。

火事についての考察は、こちらでもしているので、ご覧ください♪

【10の秘密 考察】瞳は圭太(向井理)の実の娘じゃない?10年前の火事に帝東建設が関わった可能性?フジテレビ系列で毎週火曜日9時から放送中のミステリードラマ「10の秘密」の秘密を考察をしていきます! 主人公・圭太(向井理)と、別れた妻・由貴子(仲間由紀恵)、そして帝東建設の怪しさに迫ります! 娘の誘拐を企てたのは、なんと母親の由貴子でした。 衝撃の事実が判明したところで、改めてそれぞれが隠している秘密を、考察してみましょう。...

 

10年前に起きた火事

ドラマ「10の秘密」において重要なカギとなる、白河圭太・由貴子夫婦が共有する秘密…

それは、10年前に起きた火事、です。

幼い瞳が、目を離した隙に、別荘群に火を燃え移らせて火事を起こしてしまったのです。
目撃者もおらず、火元のランタンも持ち帰ったことで、原因はうやむやになりました。

 

しかしこの回想…なんか違和感がありませんでしたか?

ランタンには火の跡がありませんでしたし、火事の現場を目撃したのは圭太だけでした。
本当に、瞳が火元になったんでしょうか?

第三者の手が加わっていそうな気がするのですが…

 

瞳が雇った探偵

瞳の貯金がなくなっていることをいぶかしんでいた圭太でしたが、その理由が判明しました。
瞳が、火事のことを調べようと、探偵を雇おうとしたのです。

瞳は、探偵を「雇おうと思って」と言ったので、実際に雇ったかどうかはさだかではありません…
実際に雇っていたとしたら…それは誰なのでしょうか?

すでに登場している人物だとしたら…?

 

瞳が火事について調べるようになったのは、翼との出会いが関係しているのは確かです。
翼の圭太に向ける、軽蔑、敵意の視線の意味を考えると、翼の正体も見えてきそうな気がしますよね。

 

誘拐事件の真相、首謀者は由貴子

不正なお金を受け取ったことで、会社を懲戒免職されてしまう圭太…

「たった10万で」クビになったと言う圭太でしたが、額の問題じゃないですよね…

圭太は、証拠データを手に、帝東建設へ脅迫に向かいます。

圭太が必死の思いで脅迫をしている裏で、由貴子の暗躍が明らかになりました。
誘拐犯の二本松と、瞳の母親である由貴子が、共犯だったのです。

大量の札束を手に、「まだまだ気が抜けないけど」と、悪女の顔をのぞかせる由貴子なのでした。

 

4話「悪女の素顔」ネタバレ考察

仲間由紀恵

画像引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

ついに圭太は、誘拐犯が由貴子だったことを知ります。

誘拐事件の真相を瞳に伝えることができず、圭太と瞳の関係性は最悪なものになってしまいます。

詳しい考察は3話同様こちらの記事にまとめてあるので、よかったらご覧ください♪

【10の秘密 考察】瞳は圭太(向井理)の実の娘じゃない?10年前の火事に帝東建設が関わった可能性?フジテレビ系列で毎週火曜日9時から放送中のミステリードラマ「10の秘密」の秘密を考察をしていきます! 主人公・圭太(向井理)と、別れた妻・由貴子(仲間由紀恵)、そして帝東建設の怪しさに迫ります! 娘の誘拐を企てたのは、なんと母親の由貴子でした。 衝撃の事実が判明したところで、改めてそれぞれが隠している秘密を、考察してみましょう。...

 

火事で死人が出ていた

圭太が瞳に隠していた10年前の秘密、火事の詳細ですが、実は死人が出ていたのです…

翼によってその事実を知ってしまった瞳は、父への不信感を爆発させました。

 

帝東建設の弱み、圭太の弱点

圭太の帝東建設への脅迫は失敗しました。
偽装建築の証拠データと、矢吹の手書きの告発文の書かれた手帳、この二つがなければ脅迫の体をなさないと、宇都宮に一蹴されたのです。

長沼社長(佐野史郎さん)に圭太をどうにかしろと言われた由貴子は、「彼には最大の弱点がある」から心配するな、と言いました。

娘のことを指すとしたならば、あまりにも意味深な物言いだと思いませんか?

圭太にはまだ大きな秘密があるのかもしれません…

 

知り過ぎた由貴子、偽装は他にも?

告発しようとしていた矢吹をなだめ、証拠を隠滅することに失敗した由貴子は、長沼に切られるのを恐れ、失踪しました。

しかし、この時点で判明した内容を全てとして、果たして「知り過ぎた」と言えるでしょうか?

帝東建設は、まだ何かを隠しているように思えるのです…

他にも重大な、バレたらマズい建築偽装があるのでは?

 

5話「明かされる死の真相」ネタバレ考察

10の秘密

画像引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

帝東建設への脅迫に失敗した圭太は、由貴子から3億という大金を横取りします。

そして、ついに片鱗をのぞかせる菜七子の裏の顔…クラブで男を誘う菜七子の真意はいかに?

伊達翼が本名ではなく、火事の遺族であったこともわかりました。
さらに、そこには衝撃の事実が待っていました。

 

由貴子と宇都宮の会話

証拠の手帳と引き換えに、3億円を受け取る由貴子。
その際の宇都宮との会話に注目してみましょう。

  • 由貴子の劣悪な幼少期
  • 由貴子の「上に行きたい」という強い執着の出どころ
  • 長沼の失脚の予期

何気ないような会話を、ちょっと踏み込んで考察してみたので、それは6話の考察予想の方にまとめますね♪

 

罪を重ねる圭太

火事を通報せず黙認し、会社では不正なお金を受け取り、死者の自宅に不法侵入し…

金貸しの手まで借り、脅迫で得た由貴子のお金までをも奪った圭太…どんどん罪が膨らんでいきます。

どこか抜けていて憎めない圭太は、とても犯罪者にはむいていません。
どこからか露見し、警察沙汰になってしまうのではと…ヒヤヒヤしますね…

 

翼の正体と目的

翼は、10年前の火事で亡くなった女性の一人息子にして、遺族でした。

本名は岩瀬シンイチロウ
圭太が毎月、身分を偽って慰謝料を送り続けていた相手でした。

そして…圭太を恨んでいる風だったのは…
翼の母親の死因が、火事ではなく…殺されたからだったんです!!

 

これでは話がガラリと変わってしまいます。

翼の母を訪ねてきたのは、だったとか…
男、とはいったい誰なのでしょうか?

宇都宮、長沼、二本松…?
依頼された誰かという可能性も…

また謎が増えてしまいましたね。

 

6話「消えた3億円」ネタバレ考察

10の秘密

画像引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

母殺しの疑惑を向けられた圭太は、誤解を解くことになんとか成功します。
翼は圭太の言葉からヒントを得て、独自の調査を続けます。

由貴子は再び瞳に接触し、人質のように扱うことで、圭太から3億円を取り戻そうとします。
由貴子に対抗するため、菜七子と奔走する圭太。

そして浮かび上がる、10年前の火事と帝東建設・宇都宮の関係性…

 

翼の調査

圭太への疑いは晴れ、手を組む形となった圭太と翼。
圭太が幾度か口にした「帝東建設」というキーワードに引っかかった翼は、調査の矛先を帝東建設へも向けたようです。

圭太も、10年前に燃えた別荘群に帝東建設が関わっていた事実を疑い始めます。

そして、翼は、当時の記事に、帝東建設の宇都宮竜二という男が別荘群建築に関わっていたらしいことを知るのでした。

と、いうことは?
これは、翼の母を殺した男が宇都宮かもしれないという示唆でしょうか…?

うーん、でも…
これはミスリードっぽいんですよねぇ…

翼の母親の、「今日こそ決着をつける」という言葉も気になります…

 

宇都宮の裏切り行為

宇都宮は圭太を訪れ、外から帝東建設の不祥事をリークしてくれないかと頼みます。
自分を裏切り者にせず、現社長である長沼を失脚させようという算段です。

しかし、圭太は「アンタが大嫌いだ」とその要求を突っぱねました。

まぁ…そりゃあそうでしょうね…
宇都宮、イヤなヤツですもんね…

10年前の火事で燃えた別荘群の画像が映ったPC画面を見て、宇都宮はとぼけていましたが…
火事と別荘と自分の担当、それらが宇都宮の中で結びついていないのは本当っぽいんですよね。

ということは、やはり、火事や殺人に宇都宮は関わっていないのではないでしょうか?

 

消えた3億円

瞳を人質にした由貴子に接触し、3億円を守ることに成功した圭太でしたが、ついに由貴子は瞳にもその本性を現します。

やはり由貴子は、母親に愛されなかったせいか、娘のことも愛せない母親になってしまったようです。

誘拐事件から始まる一連を、圭太は警察に言おうと提案します。
手に余る3億円を見せれば、納得してくれるはずと。

 

しかし…

3億円は隠し場所から消えていたのでした…

 

3億円のありかを知っていたのは、圭太の他には菜七子だけでは…?
圭太は由貴子を疑っているようですが、どう考えてもこれは菜七子が怪しいです…

警察に3億円を渡すと言った圭太に、「3億円、諦めるの?」と心配そうに言ったのは、自分が欲していたから?

怪しい!
怪しいぞ菜七子!!

 

7話「靴を拭く仕草と、幼馴染の裏の顔」ネタバレ考察

https://twitter.com/10nohimitsu/status/1230406382462988289

瞳誘拐事件の真相を、ついに母親と菜七子の両親に打ち明ける圭太。
圭太は由貴子を警察に突き出すために、宇都宮から聞いた、由貴子の隠れ家へと向かいます。

翼は宇都宮を怪しみ、記憶を辿ります。
宇都宮のある行動が、幼い頃の記憶に残っていて…宇都宮こそが、翼の母親を殺した人物なのでしょうか?

圭太が宇都宮と手を組むことになった後…宇都宮が電話で報告をしていた相手は、なんと菜七子なのでした。

 

消えた3億円と幼馴染の裏の顔

6話で予想した通り、3億円を隠し場所から奪い去ったのは、菜七子でした。
一番怪しむべきなのに、圭太は菜七子のことを全く疑っていませんでした…

そして、圭太が宇都宮と手を組んだ後…その報告を宇都宮から受けたのもまた菜七子なのでした。

7話にしてついに、菜七子が本格的に本性を現し出しましたね。

 

6話で、菜七子に宇都宮が警告をするシーンがありました。
「今の生活を守りたいなら、これ以上関わるな」と。
このシーンが偽りでないとするなら、菜七子はこの後で宇都宮に接触し、手を組んだのでしょうか?

3話で瞳が解放されるシーンでも、由貴子と二本松にはつながりがないような描写があったので、菜七子と宇都宮のシーンが偽りである可能性も否定できませんよね。

もっと前から菜七子と宇都宮はつながっていたのかもしれません。

果たして菜七子の目的とは、何なのでしょう?
金?
復讐?
復讐だとしたならばその対象は誰?

 

翼の母親を殺した男

物語序盤から、宇都宮が靴を拭く仕草や、靴に対するこだわりを持っている描写がありました。

何かあるとは思っていましたが、翼の記憶にある怪しい男の仕草と一致しようとは…

別荘建設の件で、翼の母親とモメた挙句…殺害してしまった?
しかしそれは、そう思わせるためのミスリードに思えるんですよね…

 

由貴子が、火事の件にまだ秘密を持っていそうな意味深な様子だったので、まさか?

翼の母親を殺した男とは、由貴子の協力者である二本松だったりして…

隠蔽のために火を放ち、宇都宮や瞳に疑いの目を向けさせる工作をした…とか?

うーん、ちょっと無理がありますかね…
素直に、宇都宮が犯人なんでしょうか?

https://twitter.com/10nohimitsu/status/1230024529340010497

こちら、爽やかなお写真ですが…
何考えてるのかわかんないんですよねぇ、二本松…

 

宇都宮の切り札

宇都宮は、矢吹が自殺した際に紛失したとされていたUSBを見つけていました。
それを今も手元に置いている…それを「切り札」と言い、「もう秘密はない」とも言いました。

…信用できるわけないですよね?

宇都宮、まだ何か隠してますよね、絶対。

 

 

8話「幼馴染の秘密と圭太の反撃」ネタバレ考察

圭太は由貴子を、宇都宮は長沼を、それぞれ追い詰めるために二人は手を組みました。

しかし…宇都宮の指示のもと、記者へリークした圭太でしたが、長沼率いる帝東建設はもっとうわてでした…
長沼を失脚させる計画は失敗に終わり、宇都宮もとうとう長沼の口から「終わりだ」と突き付けられることに…

 

一方、宇都宮に協力していた菜七子の秘密がついに明らかになりました!

菜七子もまた、宇都宮に弱みを握られ、協力させられていたのでした。
一度は裏切られたものの、圭太と菜七子の絆が壊れることはありませんでした。

 

そして、逃げる由貴子を罠にかけた圭太と菜七子。

しかし…由貴子が逃げるために乗った船は、なんと爆発してしまうのです!
由貴子の生死は?
ここにきて由貴子は、離脱してしまうのでしょうか?

 

菜七子の秘密

菜七子が宇都宮に協力していたのは、脅されていたからでした。
ホテル前で男性から金を受け取るシーンを、宇都宮に見られ、写真を撮られてしまったのです。

学生時代に塾講師から乱暴されたことがトラウマとなり、菜七子は男性と、歪んだ交際をするようになってしまいました。

夜のクラブで男をあさっていたこと、夜の六本木で男に回し蹴りをしたこと、それらの謎の答えも語られましたね。

 

つまり、10年前の火事には関係がないことになるので…菜七子が黒幕説はなくなってしまいました!
まぎらわしいよ菜七子!!

これでまだ裏があるとしたら大したもんですが…さすがにないかな…

 

菜七子の伏線回収

菜七子には、これまでいくつか不自然な点がありました。
それが、8話で明かされた秘密で、氷解したように思えます。

それらをちょっとまとめてみましょう。

  • 空手を習っていたことを幼馴染の圭太が知らない
  • 不法侵入に嬉々として協力する
  • マッチングアプリについてのセリフ
  • 圭太の母や、宇都宮に対して言う圭太への気持ち

トラウマとなった出来事が理由で、菜七子は空手を習って強くなろうとしました。
その出来事を誰にも言わなかったのですから、幼馴染の圭太が、菜七子の空手の腕前を知らなかったこともうなずけます。

同僚の葵にマッチングアプリについて警告をしたのは、自分も使っていて、痛い目を見たことがあったからなのでしょう。

 

圭太の母や宇都宮に、「圭太に恋愛感情はない」というようなことを言ったのも、トラウマのせいで、普通の恋愛ができなかったからという伏線だったんですね。

トラウマのせいで、普通の恋愛ができないと思い込み、自分に嘘をつき続けていた菜七子は、圭太への気持ちにも嘘をついていたのでしょう。

圭太を叱咤しつつ、犯罪行為にまで手を貸したのは、「圭太のことが好きだったから」で片づけていいように思えます。

 

伏線が回収され、秘密のなくなった菜七子は、圭太の全面的な味方であると見てよさそうですね。

 

宇都宮の立場と「切り札」

外部からのリークで長沼を失脚させようと画策していた宇都宮でしたが、長沼によって裏切りがバレてしまいました。

ついに宇都宮は、長沼によって切られようとしています。

しかし、尾行していた翼との会話で、宇都宮はまだ切り札が残っていることに気づきました…

「10年前の秘密か。切り札はまだ残っていた」

このセリフ、どういうことでしょう?

 

宇都宮にとって重要なのは、帝東建設における地位です。

ということは…10年前の火事、そして殺人事件に、帝東建設が関わっていたということになるのでは!?

 

 

9話「生きていた元妻」ネタバレ考察

ラストまでわからなかった由貴子の生死でしたが、結果、由貴子は生きていました!

そして、翼の母親の元を訪れていたのは長沼であることも判明しました!
翼の母と長沼は愛人関係にあり、その関係や当時の建築偽装の件をバラすと脅されたことで、二人は揉めていたのです。

火事と長沼・帝東建設は関係がなく、ケガをした翼の母を見殺しにして、長沼は現場を去ったのでした。
これが翼の母親の死の真相でした。

しかし、火事の真相は最終話に持ち越されることに…
火事については、由貴子が重要な秘密をにぎっていそうです…

 

宇都宮の「切り札」と長沼の失脚

宇都宮は、長沼に嘘をつくように指示をされていました。
そのために、10年前の火事の日をよく記憶していたのでした。

宇都宮が靴を拭くのは、長沼に言われたからで、10年前に翼が見た男は長沼でした。

翼の母親は長沼によって頭にケガをし、その後に起きた火事から逃げられずに死亡してしまいました。
愛人関係にあったこと、建築偽装をしていたことをバラされたくなかった長沼は、保身のために彼女を見殺しにしたのでした。

現在、圭太たちは長沼の過去の罪をマスコミにリークし、社会的な抹殺をもくろみます。
長沼は、それすらも金でおさめようとしてきましたが、圭太は断りました。

長沼の失脚も、時間の問題でしょう。

 

由貴子が黒幕?

由貴子は生きていました。
船の爆破は、行方をくらますための自作自演だったのでしょう。

長沼は、由貴子のことを「恐ろしい女」と評しました。
「一度でも隠した罪は、死ぬまで隠し通してください」と言った由貴子のことが恐ろしかったのです。

怜悧冷徹な長沼でさえ、恐れる由貴子…
最初から最後まで、由貴子こそが全てを仕組んだ黒幕だったということなのでしょうか?

 

 

ドラマ「10の秘密」最終話まとめと伏線徹底回収!

最終話の内容をまとめ、今までの伏線を徹底回収していきましょう!

 

最終話、10話まとめと伏線徹底回収!

最終話、10話の内容をまとめていきます。
まずは、公式のあらすじを見てみましょう♪

「10の秘密」#10 最終話
2020年3月17日放送 最後の秘密

死んだと思われていた由貴子(仲間由紀恵)の生存が確認された。由貴子が生きていることを知った圭太(向井理)は、瞳(山田杏奈)のためにも今度こそ元妻と決着をつけようと決意する。と同時に、“10年前の火事の夜”の出来事について、どうしても由貴子本人に確かめたいことが。奪われたパスポートを取り戻すために、必ずもう一度接触してくる―そう確信した圭太は、由貴子からの連絡を待つことにする。
一方、翼(松村北斗)は新聞記者の只見(長谷川朝晴)の手を借り、10年前に母親を死に追いやった長沼(佐野史郎)を糾弾しようとするが、決定打に欠け、あと一歩のところで攻めあぐねていた。その状況を聞いた竜二(渡部篤郎)は、最後の切り札を手に、社長室のドアをたたき…。
しばらくして、圭太の元には予想通り、警察の手が迫り八方ふさがりになった由貴子から連絡が入る。逮捕のチャンスだと考えた圭太は、由貴子の逃亡に必要なパスポートを持って、指定された場所へ向かうが…。
家族、お金、権力のために、それぞれが守り抜いてきた“秘密”が暴かれたとき、最後に待っている衝撃の展開とは―!?

引用元:https://www.ktv.jp/10himitsu/index.html

 

火事の真相

火事は瞳が引き起こしたもので、誰の意図も絡んでいませんでした。

瞳が火事を起こしてしまったことで、結果的に翼の母親が死ぬことになり、圭太・由貴子と、長沼が大きな秘密を抱えることになったのです。

 

黒幕は誰なのか

全ての元凶は、10年前の火事でした。
そして、火事の原因を引き起こしたことを隠そうと決めた圭太の行動が、由貴子に暗い決意をさせてしまいました。

一連の脅迫行為の首謀者は由貴子でしたが、そもそもの発端は圭太だったという結末でしたね。

圭太が、由貴子を決意させたのです。

 

墓場まで持っていく秘密を抱えた圭太と由貴子…
由貴子は、火事の際に目撃していた、不審な行動をしていた長沼を脅迫をすることにしました。
それによって帝東建設の顧問弁護士になることができた由貴子は、上を目指す生き方を選んだのです。

そして…普通で、小さな幸せで満足できる母親になれるかもしれないと思っていた由貴子は、この時、希望も選択肢も捨てたのです。

冷酷な言動を繰り返していた長沼さえ、由貴子によって変貌させられていたようです。
後戻りができず、偽装や買収を続けるしかなかったのでしょう。

由貴子の全面的な協力者、二本松は、自分と母親を助けてくれた恩の下に由貴子を助けていたようです。
残念ながら、細かくは描かれませんでしたね。

 

親子の絆

https://twitter.com/10nohimitsu/status/1239718096073416706

最終話になって、初めて由貴子の母親が登場しました。
圭太と由貴子が結婚する前に、圭太の母親が会いに行っていたんです。

由貴子を愛さず、由貴子がずっと恨んできた母親でしたが…
晩年の由貴子の母親は、自分の行為を悔いていました。
由貴子には幸せになってほしいと、涙ながらにうったえたのです…

それを聞いた由貴子は動揺しつつも、最終的には自分の娘・瞳には幸せになってほしいと言うのでした。
自分と母親は違う、自分と娘も違う、そう言って…

「親子の絆」こそが、「10の秘密」のテーマなのかもしれませんね。

 

驚愕の最終回、その意味とは?

驚愕の最終回、その「衝撃」の意味はおそらく…
圭太が由貴子への愛情を捨てきれず、由貴子の新しい人生の後押しをしたという結末を指すのでしょう。

由貴子を憎み、警察に突き出そうという思いの下に動いてきた圭太でしたが…
パスポートを手にした由貴子は、あのまま国外へ飛び立ち、3億円という大金を手にすることになるのでしょう。

そして、由貴子がいなくなり、元通りになった白河家には菜七子の姿がありました。

秘密は生まれ続けるけれど、抱えて生きていく…そう決意する圭太なのでした。

 

大切なことは秘密を守り通すことではなく、全てを明かした後でもその誰かを信頼できるかどうか…
「人を信じる強さ」だと教えられたような気がします。

 

 

ドラマ「10の秘密」全話伏線徹底回収!まとめ

ドラマ「10の秘密」、全話の伏線を徹底的にまとめてみました。

序盤に疑問に思っていたことが、綺麗に回収されてスッキリしましたね!

様々なミスリードがあり、考察し甲斐のあるミステリードラマでしたね!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です